育ログ

子育てパパの奮闘記。めざせ育メン。負けるなお父さん。

カビ撲滅作戦


スポンサーリンク

お風呂のカビ。黒いのやら赤いのやら、ヌルヌルやら色々いますね。

調べて見るとカビは菌の一種で、酵母やキノコの仲間らしいです。

ちなみに赤く見えるカビは酵母に属すそうで、酵母っていい働きだけするわけじゃないんですね〜。

菌は種類によって好む湿度や温度が違うようなのですが、お風呂に出来る黒カビや赤カビ(酵母)は高湿度環境を好むそうで(1)、お風呂を乾燥させておくのが最もカビを避けるのには有効な方法と思われます。

f:id:IKUJIN:20150502231708j:image

また風呂上がりに熱いお湯を撒のも有効なようです。一般的な菌は55℃以上でそこそこ死滅してくれるそうで(2)、一般的なガス給湯器の最高温度の60℃のお湯を撒くと原因となる菌を死滅させることが出来ると思われます。


しかし、結局完璧に菌を無くすことは出来ませんから、菌の好む高温多湿環境をなるべく作らないことが肝心かと思われます。

うちで実践しているのは「お風呂上がりは浴室乾燥機」プラス「床にものを置かない」です。

浴室乾燥機をつければ浴室内はかなりカラッとするので、カビはかなり生えなくなります。しかし、シャンプーボトルの下なんかに溜まった水は当然乾ききらないので、ヌメヌメの黒やら赤のカビカビが、、、。ということで、浴室乾燥機に加えて、なるべく床にものを置かないように心がけています。

しかーし、濡れたシャンプーボトルなんかを浴室外に持っていく気にもなれないので最初はこれを導入してみました。
f:id:IKUJIN:20150503132757j:image
f:id:IKUJIN:20150503132900j:image
お手軽IKEAの吸盤付きバスケット

ところがこれ、結構重さに弱くて時々外れちゃうのとのと、底面の穴が少ないので結局バスケットの中にカビが、、、

ということで、うちで使ってるのがこちら

取り付けるとこんな感じ。生活感漂ってるのはご勘弁下さい(笑)
f:id:IKUJIN:20150503133519j:image
耐荷重10kgと書いているだけあってかなり強い吸盤のようなものが3つついてます。吸盤のようなと言ったのは、多少の凹凸がある壁面にも密着するように吸盤よりもだいぶ柔らかいゼリーみたいな素材でできています(写真では分かりにくいですが、、、)
f:id:IKUJIN:20150503133840j:image
と言っても、接着するわけではないので取り外しもできますし、接着剤が壁に残ってしまうようなこともないので安心です。

また、ステンレス製でサビない、水はけがいいのでシャンプーボトルの下にカビが生えることもなくなり、赤ちゃんにも安心してシャンプーボトルを渡せるようになりました。

さらに結果的に良かったなと思うのは、浴室の角に設置できるため、場所をとらず浴室を広く使うことが出来ます。

値段は2500円弱と安くはないですが、高性能+カビと戦わなくて済むので、非常に良い買い物だったなと思っています。

広告を非表示にする